読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結局正しさなんて無い

先日、とある顧問先にて従業員とトラブルになったとのことで相談を受けた。

 

詳細はもちろん書けないが、結論的に解雇はせずに、退職勧奨で乗り切りましょうという結論に達した矢先、本人から退職の申し出があったのだった。

 

一件落着とおもいきや、なんと顧客の許に行って、会社の営業妨害になるような行為を行ったという。。。なんとこのようなことがあるとは予想にもしなかった。

 

労働法的には問題なかった。しかしながら、相手は人間だった。感情を逆なですると、こういう行為もするんだなと。

こういうことは労働法の範疇を超えてしまうが、従業員としては法的にもう少し全力でかかって来るべきだったと思う。そうすれば会社は退職勧奨で、失業等給付を優遇するようにできていたはずだから。

 

労働法できちんと、全力でかかって行くのが労働者の正しさ。なんとか折り合いをつけるのが会社の正しさだと改めて実感した。