読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パナマ文書の闇

最近は何事にもワクワクすることがめっきり減りましたが、そんな中私をワクワクさせてくれるニュースがありました。

 

 

 

 

パナマ文書

 

 

 

 

です。

 

パナマ文書(パナマぶんしょ、英語: Panama Papers)は、パナマ法律事務所モサック・フォンセカ (Mossack Fonseca) によって作成された一連の機密文書である。

文書は1970年代から作成されたもので、総数は1150万件に上る。文書にはオフショア金融センターを利用する21万4000社の企業の、株主や取締役などの情報を含む詳細な情報が書かれている。これらの企業の関係者には多くの著名な政治家や富裕層の人々がおり、公的組織も存在する。合計2.6テラバイト (TB) に及ぶ文書は匿名で2015年にドイツの新聞社『南ドイツ新聞』に漏らされ、その後、ワシントンD.C.にある国際調査報道ジャーナリスト連合 (ICIJ) にも送られた[2][3]。80か国107社の報道機関に所属する約400名のジャーナリストが文書の分析に加わった。2016年4月3日、この文書についての報道は149件の文書とともに発表された[4][1]。関連企業・個人リストの一部追加で20万社超の法人情報は同年5月10日日本時間では3:00に公開されオフショアリークスの検索システム(ICIJ Offshore Leaks Database)に統合された、完成版は随時発表される予定である。

 

パナマ共和国というタックスヘイブン租税回避地)を利用し、脱税まがいの節税を行っていた富裕層(個人法人を問わず)をあぶりだした文書と言えます。

 

租税回避地を利用することで、国内での課税(主に法人税所得税)を回避することができます。

 

色々と問題はありますが、憤りを感じざるを得ないのが日本の報道機関の姿勢。4月にパナマ文書関連の報道が起き、(それは過去のデータの公表にすぎなかったのですが)5月10日にパナマ文書に記載されている個人名や法人名を公表するということで、文字通り更改が行われたのは周知のとおりです。

 

その日はさすがにヤフートピックスにはパナマ文書関連の記事が躍ったのでしたが。2日も経過すると、ほぼ記事がなくなってました。

 

1週間が経過した今、トピックスに上がっているのは国内記事の三菱自動車、芸能のベッキーばかり。

 

中国やロシアが報道規制を行っている、なんて記事もありましたが、一斉に自粛して報じない日本も同じですよ!

 

もともと新聞メディアマスコミというのは、就職活動でも超がつくほどの人気企業です。そしてそこで採用された方々というのはそれはそれは超がつくほどのエリートのはずです。そういう人間たちは何やっているのでしょうね。パナマ文書など報道しなくても、ベッキー三菱自動車や舛添で食っていけるから?

 

ショーンK氏の話題でさえ、2から3週間は記事に踊っていましたが、パナマ文書は3日と経たず消えてしまいました。

 

誰かに言われるがままに仕事をして楽しいんでしょうかね?お国が垂れ流す情報を流すだけの仕事、そんなもの何が楽しいのですかね?電通に支配されるがままで何が楽しんですかね?

 

タックスヘイブンはパナマだけではない。今回のリークはほんの一部という事。香港やケイマンには一切触れません。こんな不正義があり得るのでしょうか。 

 

改善しようという運動すら起きないこの国は本当に絶望しかないです。しかし、私はあきらめたくありません。大好きな日本を良い国へと導きたいものです。